飯田信用金庫 投資信託専門サイト

金融機関コード:1394

  • 投資信託口座を開設

※ファンド情報は時事通信社運営のページに移動します。

お役立ち情報

  • ロボ・アドバイザー
  • 飯田信金のNISA
  • 定時定額買付サービス
  • キャンペーン情報

投信インターネットサービス

  • ご案内
  • ご注意事項
  • Q&A
  • はじめかた

投信インターネットサービスのメリット

投信インターネットサービスとは、インターネットで投資信託の購入や換金、お取引内容の照会などができるサービスです。投信インターネットサービスならではのメリットをご案内いたします。

飯田信用金庫の投資信託がもっと身近に

投信インターネットサービスでご利用いただけるサービス

インターネットを利用して、ご自宅などのパソコンで簡単に投資信託の購入・売却のお取引や保有されている投資信託の損益状況をご確認いただけます。

ご利用可能なサービスおよびサービス提供時間

サービスの種類 平日 土・日・祝日
投資信託の購入 当日申込分 7:00 〜 15:00
翌営業日購入予約分※1 15:35 〜 23:00 7:00 〜 23:00
投資信託の売却 当日申込分 7:00 〜 15:00
翌営業日売却予約分※1 15:35 〜 23:00 7:00 〜 23:00
定時定額買付 当日申込分 7:00 〜 17:30
翌営業日契約予約分※2 18:05 〜 23:00 7:00 〜 23:00
分配金支払方法(分配金出金/再投資)変更 8:00 〜 17:30
各種照会(残高照会・注文照会・電子交付帳票閲覧等) 7:00 〜 26:30
  • ※1 当日申込分の受付時間外は、当金庫翌営業日の予約注文の取扱いとなります。
    予約注文についても、当日注文と同じく取消や変更はできません。
  • ※2 定時定額取引の当日申込分の受付時間外は、当金庫翌営業日付の契約予約の取扱いとなります。
    ゴールデンウィーク、および年末年始(12月31日〜1月3日)はサービスを休止させていただきます。
    なお、システムメンテナンス対応時または障害等により、サービスの全部または一部のご利用を一時停止または中止することがあります。

ご利用いただけるお客さま

日本国内に居住し、当金庫に投信取引口座を開設している20 歳以上の個人のお客さま

  • ※投信口座を開設されていないお客さまは、口座開設のお手続きからお願いいたします。

動作環境

【ご利用推奨環境】
・対象OSおよび対象ブラウザ

「投信インターネットサービス」をご利用いただくための環境は、インターネットに接続できるパソコンまたはスマートフォンで、次の日本語版のOSおよびブラウザを搭載していれば基本的に利用は可能となります。
以下のOSまたはブラウザをご利用推奨環境とします。

(2020年1月現在)

パソコン版
対象OS 対象ブラウザ
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows 10 Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Google Chrome
スマートフォン版
対象OS 対象ブラウザ
iOS 9.0 以上 Safari
Android 6.0 以上 Google Chrome

・必要ソフトおよび接続環境 ※記載されている製品名は、各社の登録商標および商標です。(2020年現在)
専用ソフトは必要ありません。
ご利用の際には、ブラウザソフトおよびPDF形式ファイル閲覧ソフト(Adobe Reader等)を使用します。
ファイルダウンロードを伴う場合もありますので、ADSL以上の接続環境を推奨いたします。

セキュリティ対策

飯田信用金庫投信インターネットサービスでは、安心してご利用いただけるよう、以下のセキュリティ対策を行っています。

  • ・128ビットSSLの暗号通信方式を採用
    SSLとは、インターネット上でデータ通信を行う際に利用される暗号通信方法の1つです。
    投信インターネットサービスでは、そのなかでも、現時点でもっとも解読が困難といわれている128ビットのSSL方式を採用しておりますので、インターネット上でのお客さまとの情報のやりとりは安全に行われます。
  • ・複数パスワードでの本人確認
    投信インターネットサービスでは、ご利用の都度「ログインID」および「ログインパスワード」によりお客さまを特定します。更に取引時には「確認パスワード」で再度本人確認を実施します。
    なお、「ログインパスワード」「確認パスワード」は、お客さまご自身で設定していただきます。
    また、設定された「ログインパスワード」「確認パスワード」はお客さまのご希望により、いつでも変更していただくことも可能です。
  • ・ソフトウェアキーボードの導入
    ソフトウェアキーボードとは、画面上にキーボードを表示してマウスで画面上のキーをクリックすることで、パスワード等を入力するソフトです。キーボードからの入力情報を盗むキーロガー型のスパイウェアに効果があります。
  • ・自動ログアウト方式を採用
    投信インターネットサービス操作時に、一定時間以上端末の操作をされずに放置された場合、その間に第三者に操作されることを防止するため、自動的にログアウトする機能を採用しています。
  • ・ログイン履歴表示
    投信インターネットサービスへのログイン後にHP上に過去3回のログイン日時を表示させていただきます。
    過去のログイン履歴を表示することで、不正利用等がないことを確認することが可能となります。

ご注意事項

  • ・「ログインID」、「ログインパスワード」、「確認パスワード」は、お客さまがご本人であることを確認するための重要な情報です。
  • ・お客さまの生年月日、電話番号、お名前等に関連した数字や文字は避け、他人に推測されにくく、覚えやすく忘れにくい「ログインパスワード」、「確認パスワード」を登録願います。
  • ・「ログインパスワード」、「確認パスワード」は、より安心してお取引いただくために、定期的に変更されることをお勧めします。お客さまご自身でいつでもパソコンから変更していただけます。
  • ・「ログインID」、「ログインパスワード」、「確認パスワード」は、お忘れになったり、第三者に知られることのないよう特に厳重に管理願います。
  • ・万一「ログインID」、「ログインパスワード」、「確認パスワード」をお忘れになった場合、ご利用できなくなりますのでお取引店までご連絡をお願いします。
  • ・お客さま以外の第三者の利用を防ぐために、一定時間(20分[ただし、確認パスワード入力画面は5分])操作がない場合、自動的に操作できなくなりますので、継続してご利用になる場合は、再度ログイン願います。
  • ・当金庫職員が「ログインパスワード」、「確認パスワード」についてお客さまにお聞きするようなことは一切ありません。
  • ・システムの更改・障害時にはサービスを停止する場合があります。なお、システム障害が確認され、本サービスでのお取引ができない場合は、インターネット専用ファンドを除き、当金庫取扱窓口にてお取引のご注文を承ります(障害時であっても、メール、電話およびFAXでご注文を受付けることはできません)。

電子交付サービス

電子交付とは、法令によりお客さまへの交付が義務付けられている書類について、紙媒体に代えてインターネット等を通じた電磁的な方法で交付するものです。お取引の都度交付される「取引報告書」、定期的に交付される「取引残高報告書」等が対象となります。
なお、特定口座年間取引報告書(投資家交付用)につきましては、電子交付の印刷が確定申告では認められていないため、従来どおり郵送となります。

電子交付サービスとは

メリット1:パソコンでいつでもカクニン
郵送をお待ちいただくことなく、投信インターネットサービスの提供時間内にいつでもご覧いただけます。

メリット2:書類の管理がカンタン・ベンリ
電子ファイルは5年間閲覧できます。また、必要に応じてパソコンに保存・印刷もでき、書類を整理・保管する手間が省けます。

メリット3:ペーパーレスで環境にやさしい
紙資源の削減で地球環境保護につながります。