しんきん若手経営者の会(SYMS)

しんきん若手経営者の会(SYMS)について

45才までの企業経営者あるいは後継者の研修、親睦、及び異業種交流の場として、会員自身による運営により活発な活動を続けております。46才に達した会員はSYMS同友会に移行し、より広い視野から地域発展のための活動を行っております。

しんきん若手経営者の会の概要

■名称

しんきん若手経営者の会

■略称

SYMS(シームス:ShinkinYoungManagementSeminar)

■設立

昭和51年3月1日

■会員数

正会員390名、同友会員560名(平成29年4月現在)

■支部数

23支部

■事業年度

毎年4月1日~翌年3月31日

■会員資格

飯田信用金庫に取引のある45歳以下の方で、法人企業の経営者またはその候補者。もしくは個人企業の事業主、またはその後継者。

  • 46歳以上はSYMS同友会員

発足の経緯

当金庫の故久保田良一会長が理事長当時の昭和51年、山本有三著戯曲「米百俵」を発想の原点として、「時代を背負う若者に勉強してもらい、時代に即応した経営方式で企業を伸ばすことこそ、地域発展の基本となる。」との考え方から、飯田下伊那地域の若手経営者に呼びかけて発足しました。

主な活動

■セミナー

 セミナー(研修会)の開催は、年3回以上行っています。
 また、3年に1回海外セミナーを開催しており、国外で研鑽を深めることもできます。
 支部やブロック(複数支部合同)によるセミナーの開催も、活発に開催されています。
 セミナーの開催はSYMSの中心事業です。こういったセミナーなどの研修を通じ、若手経営者としての資質向上を図っています。

■交流

 前期に支部対抗ゴルフ大会、後期に親睦スポーツ大会を開催しています。ここ数年、親睦スポーツ大会ではブロック対抗の運動会を行い、好評を得ています。
 支部・ブロックでもゴルフ大会や、家族交流会など様々な交流会が開催されています。
 また、他信用金庫の若手経営者団体のみなさまとも交流事業を行っております。
 こういった親睦・交流から新たな出会いが生まれ、仲間ができ、相互の連帯・絆も生まれます。

■広報

 ホームページで本会活動のご案内・報告・会の紹介などの情報発信を行っています。さらに、会員専用ページでは支部・ブロック活動のスケジュールや活動報告・会報の掲載、会員および会員企業の紹介も行っています。
 また、様々なテーマにより会員が寄稿し、作成された会報も年2回発行されています。

SYMS宣言

■リニア時代を見据えて

我々SYMS会員は経営者としての資質を高め、企業と地域の発展を目指します。


1.能動的に学び、時代に求められる人財になろう。
1.正しい情報の収集に努め、変化する社会へ対応しよう。
1.会員相互の交流を深め、その縁(ゆかり)に感謝しよう。

米百俵とは

明治維新、新潟の長岡藩は官軍の攻めに、藩、住民生活共に窮乏。見兼ねた分家の三根山藩から「米百俵」が届く。藩の重鎮小林虎三郎は、この米を藩士で分けようとする考えに身を挺して反対し、「百俵の米を基にして子弟達の教育に使うのだ」と学校を建てた。藩は非常に教育が盛んとなり、後に山本五十六など日本の各方面で活躍する人材を生んだ。

しんきん若手経営者の会 WEBサイトについて

下記リンク先で閲覧できます。

しんきん若手経営者の会 WEBサイト